皆さんは、激辛カレーを食べた経験はありますか?
今回は文化祭でカレーを販売した女性のエピソードとその感想を紹介します。
イラスト:筝湖みう

辛いものが大好き

辛いものが大好きな主人公。
その日は、学校で文化祭の出し物の話し合いをしていました。

激辛カレーを提案


出典:愛カツ
大好物の激辛カレーを提案した主人公。
しかし、クラスメイトの中には辛いものが苦手な人もいたため、意見がわかれます。

するとクラスメイトの1人が「辛いのと甘いのを作ればよくない?」と提案。
反対する人もいましたが、結局多数決をとり、2種類の味のカレーを作ることになりました。

そして文化祭当日。
主人公は「うん!いい感じ」とスパイスや唐辛子を使った激辛カレーを作り提供します。

しかし、激辛カレーを食べた客は「なにこれ…」と反応がおかしくて…。
味を確かめた主人公は衝撃を受けます。

なんと激辛カレーが知らないうちに甘口になっていたのです。
味を変えた犯人をさがすのでした。

読者の感想

文化祭の出し物を決めるのは楽しいですよね。
激辛カレーと甘口カレーの2種類の味を提供するのはナイスアイディアだと思いました。
(20代/女性)

誰がなんのために甘口にしたのか気になりました。
主人公たちの文化祭が問題なく進むといいのですが…。
(30代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)