皆さんは、家族に感謝したことはありますか?
今回は「男手ひとつで育ててくれた父」にまつわる物語とその感想を紹介します。

イラスト:エトラちゃんは見た!

父に育てられてきた

ものごころがつく前に母が亡くなり、男手ひとつで父に育てられてきた主人公。
父は仕事が忙しいものの、毎年必ず主人公の誕生日だけは一緒に祝ってくれました。

しかしある年の誕生日、父はいつまで経っても帰ってこず…。
翌朝、仕事で遅くなってしまったと謝る父に、主人公は「私のこと嫌いなの!?」と言い放ったのです。

その後、父にひどいことを言ってしまったと後悔した主人公は、祖母に父のことを相談しました。
すると祖母は、父から電話があったと言って…。

父が落ち込んでいた


出典:エトラちゃんは見た!
祖母から、父が「父親失格だ…」と落ち込んでいたことを聞かされた主人公。
父の思いを知った主人公は、帰宅後、父と仲直りをしました。

そして後日、授業参観で家族についての作文を発表することになった主人公は「世界一のお父さんです」と父への感謝を読み上げました。

授業参観に参加していた父は主人公の言葉に感動し、涙を流して喜んだのでした。

読者の感想

主人公との時間を大切にしたい一方で、どうしても外せない仕事もありますよね…。
父の気持ちが主人公にしっかりと伝わってよかったです。
(20代/女性)

誕生日に親の帰りが遅くなり、嫌われていると勘違いしてしまう主人公の気持ちに共感しました。
最後は仲直りができ、素敵な作文が書けたようでよかったです。
(50代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。



(愛カツ編集部)