皆さんは、アレルギー症状がでた経験はありますか?
今回は魚介類に気をつける義母のエピソードとその感想を紹介します。
イラスト:野坂nsk

義母に息子を預ける

息子と一緒に義実家へ行った主人公。
息子の幼いころの思い出話になりました。

アレルギー持ちの息子を義母に預けた日のことです。
主人公は着替えなど必要なものをすべて用意し「魚介類をあげないでください」と義母に伝えます。

義母に息子を任せて主人公は外出しました。
お昼ご飯は義母が作ったチャーハンを食べた息子でしたが…。

義母から電話


出典:愛カツ
突然義母から電話がきて「大変なの!!」と慌てて言いました。
すぐに義実家へ行くと、息子の全身にじんましんがでていたのです。

魚介類を食べさせないように気をつけていた義母でしたが、かゆがる息子を見て反省します。
病院で診てもらうと、食べた量が少なかったことで大事には至らなかった息子。

義母は泣きながら息子を抱きしめたのでした。

読者の感想

義母から突然緊急の電話がきたら驚きますね。
さらに息子の全身にじんましんがでていたら焦ってしまうと思います。
アレルギーに気をつけていても間違って食べてしまうこともあるので気をつけたいです。
(50代/女性)

義母も気をつけていたはずなのに、アレルギーがでてしまった息子がかわいそうでした。
何が原因だったのか分かりませんが、息子が無事でよかったです。
(20代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。



(愛カツ編集部)