皆さんは義家族の言動に振り回されたことはありますか?
今回は、我の強い義母の迷惑エピソードを紹介します。

イラスト:kinako

二世帯住宅に建て替える!?

主人公が結婚準備をしていたころのことです。
夫が転勤族のため、住居は家を建てずに賃貸マンションに決めていました。

そんなある日、主人公のもとに義母から電話がかかってきます。
義母は突然、義実家を二世帯住宅に建て替えると言い出したのです。

数日後から、家にリフォームのパンフレットが届くようになり、困った主人公夫婦は義実家へ抗議に行くことに。

義母に反論


出典:愛カツ

「実家に帰るつもりはないからパンフレットは送らないでほしい」と訴える夫。
しかし義母は聞く耳を持たず「二世帯住宅しか許さない」と怒りました。

主人公夫婦に反論され、義母がヒートアップしていたそのとき。
ずっと黙って様子を見ていた義父が「いい加減にしろ!」と怒鳴ったのです。

さらに「いつも俺に相談せずに決めて…。ずっと我慢していたが愛想が尽きた」と言う義父。
「この家は君にやる。俺は実家に帰るから」と言ったのです。

そして義父は主人公夫婦に「こっちのことは気にせず好きに生きなさい」と言ってくれました。
その後、義両親は離婚。

義両親と距離を置いた主人公夫婦は幸せに暮らしているのでした。

愛想を尽かした義父

我が強い義母が勝手に義実家を二世帯住宅にすると言い出し…。
堪忍袋の尾が切れた義父のおかげで、幸せに暮らせるようになった主人公のエピソードでした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(愛カツ編集部)