皆さんは、ものがなくなって困った経験はありますか?
今回は「家からものがなくなる事件」にまつわる物語とその感想を紹介します。


イラスト:エトラちゃんは見た!

ものがなくなる

主人公の家では、昔からものがなくなる謎現象が起きていました。
主人公のペンだけではなく妹のハンカチ、父のバッグなど、家族のものがなくなるのです。

罠を仕掛ける


出典:エトラちゃんは見た!
主人公は困り果て、ものがなくなるのは泥棒のせいかもしれないと思いました。
そこで妹は、シャープペンの芯をドアと蝶つがいの間に挟み、部屋に侵入者がいたかわかる罠を仕掛けます。

しかし1週間がたっても、シャープペンの芯が落ちることはなく、変化なしの状況が続きました。
そんななか、妹から大事なブレスレットがなくなったと告白されます。

主人公は、自分が疑われているのかもしれないと思い始め、暗い表情に。
ものがなくなった原因がわからず、不安になってしまう主人公なのでした。

読者の感想

ものがなくなることに困って、疲れている様子が伝わりました。
自分が疑われているかもしれないと思う主人公が気の毒でした。
(20代/女性)

大事なものまでなくなってしまうと、家族を疑ってしまうこともあるかもしれません…。
原因が早くわかって、なくなったものが見つかるといいですね。
(30代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。



(愛カツ編集部)