皆さんは、義家族との関係に悩んだことはありますか?
今回は「娘の中学受験をバカにする義母」を紹介します。

中学受験に物申す義母

主人公の娘が、中学受験を控えていたときのこと。

どこからか話を聞きつけた義母が、怒りの連絡をしてきました。
義母は「女に学なんていらない」と言い、娘の中学受験に猛反対。

主人公は、夢のために娘自身が中学受験を決めたのだと説明したのですが…。

どうせ叶わない


出典:Youtube「Lineドラマ」

義母は「叶いようがないんだから」と、バカにして笑いました。
主人公が夫と結婚してから14年間、嫁イビリを続けていた義母。

娘を産んでからは、娘にまで敵意を向けるようになったのです。
いよいよ我慢ができなくなった主人公は、夫に義母の発言を相談しました。

すると夫は激怒して、すぐさま義母に絶縁を突きつけたのです。
唖然とする義母に「14年間耐えてきた甲斐がありました!」と言い放った主人公。

義母は主人公の言葉に「そんな…」と、肩を落とすのでした。

待った甲斐あって…

主人公と娘に意地悪をしていた結果、夫に絶縁された義母。
そんな義母からの解放を、心の底から喜んだ主人公のエピソードでした。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。
(愛カツ編集部)