ラーメン屋で…「なんか胸が苦しい…」違和感を覚え病院に行くと→医師から告げられた【診断結果】に背筋が凍る…

皆さんは、大きな病気にかかったことはありますか?
今回は「食べ物が喉を通らなくなった女性」にまつわる物語とその感想を紹介します。

イラスト:エトラちゃんは見た!

食事が喉を通らない

写真映えする食べ物が大好きな主人公。
しかし食べ物自体に興味はなく、写真に残したあとはほとんど食べずに捨てていました。

そんなある日、ラーメン屋で食事をしていた主人公は「なんか胸が苦しい…」と喉と胃に違和感を覚えます。
その日以降、食事がうまく喉を通らずほとんど食べることができなくなってしまいました。

困り果てた主人公が病院を訪れて検査をしてもらうと…。

食道の病気だと診断される


出典:エトラちゃんは見た!
検査の結果、食道の病気だと診断された主人公。
医師から病気の説明を受けた主人公は背筋が凍る思いになりますが…。

その後、薬を飲めば回復すると言われ安心して病院をあとにします。
しかし喉の違和感から処方された薬さえ飲めない日が続き、まったく回復するきざしがなく絶望する主人公なのでした。

読者の感想

食べ物を粗末にしてきた主人公が食事で苦しむことになるとは因果を感じてしまいますね。
薬さえ飲めず症状も回復しないなんて主人公は相当つらいと思います。
(30代/女性)

食べ物を食べられなくなってしまうなんて、主人公は不安になってしまったでしょうね。
主人公の病気がよくなって、食べ物をしっかり味わって食べられるようになるといいなと思いました。
(40代/女性)

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。
※実際に募集した感想をもとに記事化しています。
※こちらのお話は体験談をもとに作成しています。



(愛カツ編集部)