せっかく好きな男性と話せても、言葉遣いで嫌われてしまったらショックですよね。

一般的に使うことが好ましくない表現はもちろん、それ以外でも男性がモヤモヤする言葉があるようです。

そこで今回は、男性がショックを受けやすい女性の言葉遣いを3つ紹介します。

意外と気になります…男性が引いてしまった女性の言葉遣い3つ

「ウマい」

「合コンのとき、清楚系ファッションですっごいタイプの女の子がいたんですけど、料理を食べたとき『ヤバ、超ウマい』って言ってて、サーッと冷めましたね」(21歳男性/大学生)

言葉遣いは、容姿やファッションと同じく、人の印象を左右する大きな要素の一つです。

この例の場合は「とっても美味しい!」と言えば、印象もグッとUPしていたかも。

しかし、普段から言葉遣いに気をつけておかなければ、ふとした瞬間に悪印象を与えてしまうことがあるので要注意です。

「映えそう」

「なにを見ても『映える』を連発する子は、なんか必死だなって思う。
デートしても、写真に集中する姿が想像できて、一緒にいても楽しくなさそう」(28歳男性/運送)

SNS用の写真を撮るのに必死な女性は、男性からの印象がよくないよう。

なんでもかんでも「映えそう!」と言って、写真を撮るのは避けたほうがいいでしょう。

ただし「映える」という言葉自体はポジティブな意味なので「素敵」など、違う言葉に言いかえるだけで、男性によい印象を持ってもらえるかもしれませんよ。

「女子力が~」

「元カノがよく『今日のネイル女子力高くない?』とか、いちいち聞いてきてました。
褒めてほしいんだろうけど、わざわざ自分から言ってくるのってなんか違うと思うし、そもそも『女子力高いね』って褒めることはまずないと思う」(26歳男性/営業)

「女子力」という言葉がピンと来ない男性は結構いるよう。

また、自身の女子力について話すと「褒めてほしいアピール」だと思われてしまうことも。

「女子力」という言葉にこだわらず、純粋に褒めてもらえるような自分磨きをしておくことが重要ですよ。

品のある言葉遣いを!

ここに上げられた言葉に、心当たりがある人は要注意。

友達同士では当たり前の言葉遣いが、好きな異性の前でとっさに出てしまうこともあるので、普段から意識しておきましょう。

ぜひ参考にして、男性の心をつかんでくださいね!

(愛カツ編集部)